「結婚相談所お見合い」をしよう

ついこの間、高校時代からの友人が結婚をしました。新郎新婦お二人の仲良しの映像や写真がわんさか画像に流れて幸せいっぱいの美しい新婦の笑顔に私は始終涙涙でした。彼女は長く連れ添った恋人との恋愛結婚でしたが、カップルの分だけその出会い、きっかけ、結婚の形はあるものだと思います。最近ではお見合いパーティもその一つですが、「結婚相談所お見合い」もその一つです。みなさんは「結婚相談所お見合い」と聞いて、いかがでしょう。私もしたいって飛びつかれますでしょうか。結婚する前の私はどうしても「結婚相談所お見合い」って聞くと、いや、私は結構ですよと二三歩ひいてしまっていました。なぜかと言うと、着物を着て畳に正座で向かい合って「ご趣味は」なんてすまして言うみたいな古めかしくこっぱずかしく堅苦しい動きのない面白みのないイメージがあったから。それはデートをしてドキドキハラハラじゃれあったり色んなところへ出かけたり、二人だけで世界をふくらませる私の憧れた「恋愛結婚」のイメージとは果てしなくかけ離れた位置にあるものだったからだ。

それはする前の私。そう、かくゆう私は「結婚相談所お見合い」をして結婚をしたのだ。どうしても私の恋愛が親の好み、意向にそぐわずことごとく邪魔されたあげく恋する気力も失って結婚相談所にお世話になることになった。プロフィールの写真は反抗心が丸出しで本当は嫌なのよ、お見合いなんてと写真屋さんを睨んで何度「そんな怖い顔しないで」って取り直されたかわからない。それくらい嫌だったのだ。実際、「結婚相談所お見合い」を利用してみると、紹介してくださる仲人さんも始めのときだけ顔を出すだけ。うちの仲人さんは子どもと関わる二人の仕事に共通するお孫さんの話をダーとするだけして「後はお若い人でどうぞ」とお決まり文句を残しすぐに去ってしまった。お見合いの待ち合わせの定番なのかお見合い広場のようなホテルのロビーの喫茶店で男女が向かい合わせで話し合う様子にはそこに自分らもまじっているってことが正直面白すぎて周りが気になってしかたがなかったのですが、それから映画に行って、ご飯を食べて、電話番号を交換して、それからは今度どこいこう、みたいな恋愛がスタートする。親が相手がどこの誰だかわからないという心配も始め交わしたプロフィールでわかっていて今までの過干渉が嘘のように自由に恋愛を許してくれた。結婚するかどうかを断るのは仲人さんにと聞いたが私は友達のように自然体で関われる相手をとても気に入っていたのでその選択肢はすぐに頭から消えていた。

「結婚相談所お見合い」は単なるきっかけだと思う。結婚がしたくて自分に合いそうな相手がなかなかみつからないなら試してみてもいいのではないでしょうか。私はうまいこと一発でいい人を紹介してもらえめぐり合えたが中には時間がかかる人もいるだろう。ふられることもあるだろう。でも長い時間をかけて恋愛で相手を知る方法以外にも意外と始めから結婚を意識したもの同士、お互いを知った上で恋愛や絆を深めていくのも楽しいものだと私は今、実感しています。

 

Leave a Comment

Tags:

結婚相談所お見合いは日本の文化

結婚相談所お見合いが一番効率的な出会いの場だと思います。結婚相談所お見合いはお金も高いけど、きちんと収入もあって高い紹介料を支払う能力がある人だけしか集まらないともいえるわけです。ふらふら遊びまわっているニートはほぼ存在しないと考えて間違えありません。社会人になると出会いの場を少なくなるし合コンのセッティングだってそんなに時間をかけてできません。合コンでも男子は女子の分をおごってあげたりするなたお金を出して出会いを買っているとも言えるます。

合コンで女子の分を出す金額より結婚相談所お見合いの方が料金は高いですが効率はいいと思います。しかも好みのタイプや条件が一致した上で出会うのですから無駄な時間を使わなくてすみます。出会いはお金で買えますがお金で時間は買えません。無駄な時間になるだけならまだし不愉快な思いをすることが合コンでは多々あります。結婚相談所お見合いで不愉快な思いをしたとしても自身の選択だからと諦めることができますが合コンでは納得できません。人数あわせの合コンに呼ばれてお金を払わされ不愉快な思いをするよりも数倍ましです。

世の中恋愛結婚はかっこいい、結婚相談所お見合いで結婚するのはかっこ悪いという意識があるような気がしますが私はまったく気にしません。私の親の世代は半分くらいがお見合いや上司や親戚が奨めた相手と結婚していると思います。お見合いは日本の守るべき文化であると考えます。昔のように世話好きな親戚や町内のおばさんが少なくなった現代において結婚相談所お見合いは日本の文化を継承するシステムです。

 

Leave a Comment

Tags:

結婚相談所お見合いの成功例

結婚相談所お見合いと聞くとなんとも少し古めかしい感じも受けてしまいますが、今のシステム化されたお見合いパーティーやコンピュータを使ったマッチングによる紹介システムよりも人の顔の見える、従来型の結婚相談所のお見合いもシステマティックなスタイルにはない、温かみや人の目で見たマッチングが期待できて、とても良いもののように思います。しかも、なんとなくそこに依頼する人の人物像まですこし温かく感じられませんか。

私の友人はいわゆる結婚相談所お見合いによって良縁に恵まれ、一人目のお見合い相手と結婚、そして出産も経験しすっかりお母さんになって幸せな毎日を暮らしています。30歳を過ぎて、職場でも結婚へのプレッシャーをかけられ、悩んだ挙句、彼女は半ば衝動的に、結婚相談所にかけこみお見合いのセッティングをしてもらったのでした。私をはじめ、私の友達はどうしてそんな古めかしいところに、と少し驚きましたし、正直言って成功するなんて思っていませんでした。

しかし、コーディネーターの方が親身に相談に乗って下さって、彼女の性格にとても合った素敵な男性を紹介して下さったようで、結果彼女は友人の中で一番乗りに幸せをつかみ、友人の間では、結婚相談所お見合いってありなんだなぁーと深く心に刻まれた出来事でした。やはり、コンピューターにはない、人の気持ちが介在した紹介システムにこそ、今の婚活世代に必要なファクターなのかもしれません。

 

Leave a Comment

Tags: